速報!!当方の全面勝訴!! 偽名アドバイザーの申立棄却

速報!!!

当方の全面勝訴となりました!!

 

他業者様様の偽名アドバイザーが起こしていた申し立てが、第3者中立機関により、棄却され、当方の全面勝訴となりました。正義は勝つ!ですね。

 

 

一番のポイントは、私のように名前や連絡先を明らかにして活動している自然人であれば、プライバシー権や名誉権などの権利を持ってクレームできますが、偽名で作り上げたアドバイザーなどというアバターには、自然人としてのプライバシー権や名誉権はないのでクレームできないという点です。

 

 

特定の自然人であるというのであれば、権利も持ちますが、一方で義務も負います。この偽名で作り上げたアドバイザーなどというアバターは、納税をしていたり、マイナンバーを持っているのでしょうか?そんな訳ないですよね。

 

 

アバターのプライバシー権?アバターの名誉棄損?バカバカしい話です。子供でもわかる話です。

 

 

誰かが仮に、「偽名1」、「偽名2」 …..  「偽名100」など、偽名を100個、使い分けているとしたら、それぞれにつき100のプライバシー権、名誉権があると思っているのでしょうか?

 

 

 

その「偽名1」~「偽名100」が、プライバシー権、名誉権を主張するのなら、その「偽名1」~「偽名100」それぞれが、納税もしていなきゃいけませんし(自然人としての納税の義務)、それぞれマイナンバーを持っているはずですね。

 

 

偽名で権利だけ主張しようとか、偽名でビジネスをしていこうとか、偽名で世の中を渡っていこうなんてことが、実際の世の中では通用しないと、思い知らされたことでしょう。

 

 

 

私は名前や連絡先を明らかにして活動している自然人ですので、プライバシー権も名誉権も持ちます。その点がこの偽名アドバイザーと真逆の点です。

 

 

ですので、今度は、こちらから、この偽名アドバイザーに対して、損害賠償請求訴訟を起こすべく、弁護士と準備中です。

 

 

つきましては、この偽名アドバイザー セキヤはメールやLineでの交信をしているようなので、

 

この者とのメールやLineの交信記録をお持ちの方には、最高10万円の謝礼を差し上げます。

 

この者との音声交信記録をお持ちの方にも、最高10万円の謝礼を差し上げます。

 

この者の映像・画像などお持ちの方にも、最高10万円の謝礼を差し上げます。

 

その他にも、この者の有力情報(家族、親戚、学校の同級生 etc)をお教え下さった方には、最高30万円の謝礼を差し上げます。

 

 

 

 

注)
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

(三省堂大辞林)