同級会に行ってきました

先日、中学の時の同級会があり、出席してきました。中学も高校も、上から下まで各年代すべてを含めた大規模な同窓会が、昼間大きなホテルで行われます(大体、富士屋ホテルですね)。

 

 

高校は、昔の旧制中学なので、伝統を重んじ、団結が強い気風です。卒業生では総理大臣を務めた方がいたりします(石橋湛山)。

 

 

 

 

 

 

そんなことで先輩方にすごい方がゴロゴロいらっしゃるので我々の年代などまだ小僧っ子なのですが、それでも我々くらいの年齢になると、現役世代ではスゴロクで言うところの「あがり」に近いので、同級生は、皆、重職についているものが多いですね。

 

 

高校の同級生の中では、法曹界では、検事になったのが一人、裁判官が一人、弁護士になったのが数人。

 

 

政界では、現職知事が一人(山梨県知事G君)。彼は知事になる前は国会議員。国会議員を有する学年は上にも下にもあるけれど、現職知事を有する学年は我々だけなのでレアですね。

 

会えば、みんな、昔の通り、お互いに呼び捨て、もしくはニックネームで呼び合う、俺・お前の仲。これはどなたも同じですよね。

 

 

こういう関係は財産だなぁ、と改めて思います。