フィリピンも健康保険が国民皆保険になりますね

健康保険に関し、日本は国民皆保険ですが、「現時点で」フィリピンは違います。

 

 

だいたい、一般の人は保険に入っていませんので、付き合う相手が質の良くない相手だと、「誰それが病気になって病院に行ったから、いくらいくら送ってちょうだい」などとせがまれたりしますが、まあ、ウソのことが多いでしょう。保険無しで行くお金はないので、日本人みたいにちょっと具合悪いくらいだったら病院になんか行かないですから。

 

 

というのが、今までの状況でしたが、近々、フィリピンも国民皆保険になりますね。先日、法案が可決されたので、早ければ年内にも成立する見込み。

 

 

上院の声明によると、失業や経済的困窮によりフィリピン保険公社(フィルヘルス)の保険に未加入の人でも一定の医療サービスが保険で受けられるようになる。採血や検尿などの臨床検査も保険適用の対象となり、社会保険機構(SSS)やフィルヘルスの保険適用範囲も拡充される見込みということです。

 

 

気になるのは、財源ですが、国家予算から拠出するとしてます。が、社会保険機構(SSS)などが企業や労働者に負担増を求める可能性も、もちろんあります。