セキヤの悪意ある詐術 – 1

他業者様様のセキヤというのは根っからの詐欺師のようで、例えば、短期滞在ビザ(招聘(旅行ビザ)などという言葉を使っているが)に関して。

 

 

別に女性を日本に短期滞在ビザで招聘したければ、招聘すればいいだけの話で、嫌がるものなど誰もいない。

 

 

安倍政権の訪日外国人旅行者拡大政策により、短期滞在ビザなどは日本での身元引受人がしっかりとしていれば、簡単に出る世の中である(一昔前とは違う)。

 

 

それを、招聘する相手が19才だと容易ではないとか、空港で止められるとか、現場を知らないのか?敢えてウソを言っているのか?

 

 

19才だろうが19才と7か月だろうと、日本での身元引受人がしっかりとしていれば、問題ない。バカバカしい。全く、現場を知らない。

 

 

現実としては、男性それぞれに事情があり、例えば、長距離トラックのドライバーさんなんかは、一旦仕事に出たら、数日、家に帰らない。2週間のビザが取れたからといって2週間仕事を休むわけにはいかない。

 

 

招聘したい人は招聘すればいいし、日本での身元引受人がしっかりとしていれば、簡単にビザも取れる。しかし、短期で2週間来てもらうより、じっくりと腰を落ち着けて来てもらった方がいいという人もいる。それが現実。実際の現場。

 

 

(来たところで、地方なんかでは車がなければ(免許がなければ)一人で外出もできない、日本語もままならない状況で買い物にも出られない、迷子になるだけ。家にwifiでも通っていれば、男性が帰ってくるまで一日中、スマホをいじって時間をつぶす?)

 

 

では、なぜ、そんな分かり切った事を覆い隠し、短期ビザの取得を勧めるのか?

 

 

紹介する女性は不法就労が目当ての女性だからである。短期でもこちらのフィリピンパブで働いてお金を稼いで帰れればいいと思っているのである。

 

 

男性は毎日仕事に行かなければならない。そういう女性は、(日本に住んでいる)親戚に会ってくるとか、友達に会ってくるとか言って、泊りで出かけ、こちらのフィリピンパブで不法就労する。

 

 

どこで働くかは、出来レースで、来日前に事前に決まっている。

 

 

女性を短期滞在ビザで来させて、そのフィリピンパブで働かせれば、そのフィリピンパブからも紹介料を貰える。

 

 

これが、他業者様様のセキヤが、招聘(旅行ビザ)を推奨する本当の理由である。

 

 

一番の証拠は、この他業者様様の偽名アドバイザーは、「招聘して来日したら、自動退会処理になり日本国内でのサポートは一切しない」と明言しているということ。

 

 

つまり、筋書き通り「姿をくらます、不法就労する」などがわかっているので、招聘するまでは、もっともらしい事を言ってお客さんに勧めるけど、来日したら、あとは知らないよという責任逃れをご丁寧に書いているわけである。

 

この招聘手続きで、さらに27万円取るらしい!バカも休み休み言えと。しかもビザ申請費用は「別途で」25000ペソだって! こんなの誰でも自分でほぼタダ同然で簡単にできるのに、盗人に追い銭とは、まさにこの事。

 

 

ウチでは、招聘手続きなど、タダでやってあげてますよ。タダ。

 

 

なお、この偽名アドバイザー セキヤはメールやLineでの交信をしているようなので、

 

この者とのメールやLineの交信記録をお持ちの方には、最高10万円の謝礼を差し上げます。

 

 

注)
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

(三省堂大辞林)