フィリピンの競争力が上昇し56位になりましたね

スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」が先日発表した2018年の国際競争力ランキングで、フィリピンの総合順位は140カ国中、56位で、前年の68位から大幅に上昇。

 

 

フィリピン現地で近年の発展状況を目の当たりにすると、うなづけますね。

 

 

ちなみに、

1位 米国
2位 シンガポール
3位 ドイツ
4位 スイス
5位 日本

 

 

上記の写真は、マニラのBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)です。