国際結婚フィリピン – 代表者ブログ

奥さんの大学の学園祭 ダンス部 – ヒップホップ

ウチの奥さん(フィリピン人 28才)は、通っている大学の学園祭に向けて、日々ダンス部の練習に忙しくしていましたが(昼も夜も!)、先日、無事、学園祭でのパフォーマンスが終わり、休息しています。

 

 

上のビデオはその本番の時の映像です。(ダンス部の中で、ブレイクダンスとかいろいろジャンルがあって、これはウチの奥さんが属しているヒップホップのユニット)

 

 

夢中になれるものに集中してのめり込むことは重要だし、同じくらいの年代(20代)の日本人の仲間(何とこの大学のダンス部には75人も部員がいる!)と練習したりおしゃべりしたりという濃い時間を過ごせたというのは、貴重ですね。

 

 

映像開始後54秒くらいでかかるのが、Brandyのヒット曲「Right Here (Departed)」。10年くらい前の曲ですが、いい曲ですね。私も好きです。

フィリピン自治体の総資産ランキングで、マカティ市が1位

フィリピン会計検査院が2017年の各自治体の総資産ランキングを発表。

 

マカティ市が、長年トップだったケソン市を抜いて、1位となりましたね。(資産には土地価格、インフラなどすべての価値が計上されている)

 

1位:マカティ市
2位:ケソン市
3位:マニラ市
4位:セブ市
5位:パシグ市
6位:タギッグ市
7位:カローカン市
8位:パサイ市
9位:ダバオ市

 

 

近年のマカティの発展ぶりからすると、やはりなという感じですね。

 

ところで、

マニラ首都圏(通称メトロ・マニラ ) とは、マニラを中核としたフィリピンの政治、経済、文化、交通及び情報の中心地であり、首都圏 (NCR、National Capital Region) と重なる都市群のことです。

 

メトロマニラは、下記の、16市(City)と、1町(Municipality)により構成されています。

 

  1. ケソン市 (Quezon)
  2. マニラ市 (Manila)
  3. カローカン市 (Caloocan)
  4. パシグ市 (Pasig)
  5. ヴァレンズエラ市 (Valenzuela)
  6. タギグ市 (Taguig)
  7. ラスピニャス市 (Las Piñas)
  8. パラニャーケ市 (Parañaque)
  9. マカティ市 (Makati)
  10. マリキナ市 (Marikina)
  11. モンテンルパ市 (Muntinlupa)
  12. パサイ市 (Pasay)
  13. マラボン市 (Malabon)
  14. マンダルヨン市 (Mandaluyong)
  15. サンフアン市 (San Juan)
  16. ナヴォタス市 (Navotas)

 

パテロス

 

 

 

フィリピン、外資規制を緩和。建設、通信業への出資40%に

フィリピン政府が、外資の規制緩和を発表。

 

現行25%の建設業と同20%のラジオ通信業の外資出資枠が40%に拡大しましたね。

 

しかし、緩和が期待されていた小売業の払込資本金250万ドルは変わりませんでしたね。

 

外国人就労については薬剤師、高等教育の教員、林業で新たに認められましたが、放射線技師や犯罪捜査、法律分野、航海士が引き続き禁止。

 

ドゥテルテ大統領が、規制の撤廃と緩和を求めたのは

 

(1)民間人材紹介業(国内・国外問わず)
(2)専門職の外国人就労
(3)建設業
(4)発送電などを除く公共サービス
(5)コメ・トウモロコシ産業
(6)高等教育
(7)小売業
(8)国内市場を対象にした企業

 

の8分野。

フィリピンの英語能力は世界で14位だそうです

先日行われた、英語が母国語でない世界88カ国・地域を対象にした英語能力指数ランキングで、フィリピンは世界14位でした。(前年15位)

 

 

1位はスウェーデン。日本は49位(前年37位)。

 

 

 

アジア内での英語留学先にも頻繁に選ばれるフィリピンですが「非常に高い」とされる上位12位内には入らなかったですね。

 

 

 

まあ、教育の程度によって、英語がそれほど堪能でないフィリピン人も多くいますからねぇ(といっても、そういう人々でも、普通の日本人よりは、はるかに、はるかにできるのですがね)。

 

 

 

アジア諸国では、「非常に高い」と判定されたのは、3位に食い込んだシンガポールのみでした。

 

 

 

他業者様様での偽名が違法であるわけ

結婚紹介業は、法定契約書面をお客様に交付しなければいけません。

 

偽名を使っている他業者様様では、そもそも、この法定契約書面を渡していないでしょうから、その時点でアウト・違法なのは、言うまでもありません。

 

 

ですから先日の弊ブログで書きましたように、極端な話ですが、お見合いを済ませんていようが、結婚相手を紹介されて既に結婚していようが、その業者から法定契約書面を受け取っていなかったらクーリングオフ期間はスタートしていないので、全額返金を要求することもできるのです。

 

 

次に、仮に法定契約書面を渡していたとしても、その書面の内容に不備があれば、結婚相手を紹介されて既に結婚していようが、全額返金を要求することもできるのです。

国民生活センター 判例

 

 

その書面には、

・契約申込・締結を担当した者の氏名

 

を記載しなければいけません。

 

 

ここに偽名が書いてあれば、アウト・違法なのです。ですから、お見合いをしていようが、結婚相手を紹介されて既に結婚していようが、全額返金を要求することもできるのです。

国民生活センター 判例

 

 

まあ、でも繰り返しになりますが、そもそも法定契約書面を渡していないでしょうね。その時点でアウト・違法です。

 

 

 

注)三省堂大辞林によれば、
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

他業者様様で偽名を使ってアドバイザーを称している者の情報に謝礼差し上げます

他業者様様で偽名を使ってアドバイザーと称している者の情報に謝礼差し上げます。どこら辺りに住んでいるかとか、外見はとか、顔の特徴はとか、家族構成はとか、実名はとか。

 

 

すでに当人にお会いになった方でも、これから見込み客として当人にお会いになる予定を作る方でも結構です。情報には謝礼を差し上げます。

 

 

当人に会いたがっている人々がいるようですので。

 

 

注1)三省堂大辞林によれば、
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

 

注2)画像イメージは本文と何の関りもありません。

フィリピンに第3の通信会社 – 来月、公開入札されます

フィリピンの通信事情が良くないのは、皆様ご存知の通りです。財閥系の2社、スマート(PLDT)とグローブの独占で、速度やエリアなどのサービスが良くなっていきません。東南アジア1、通信事情が悪いとも言われています。

 

 

で、フィリピン政府は、その独占状態を改善すべく、いろいろな動きをしてきたわけですが、来月(11月)、フィリピンの情報通信技術省は、第3の電話・通信企業をめぐる公開入札を行います。

フィリピンも健康保険が国民皆保険になりますね

健康保険に関し、日本は国民皆保険ですが、「現時点で」フィリピンは違います。

 

 

だいたい、一般の人は保険に入っていませんので、付き合う相手が質の良くない相手だと、「誰それが病気になって病院に行ったから、いくらいくら送ってちょうだい」などとせがまれたりしますが、まあ、ウソのことが多いでしょう。保険無しで行くお金はないので、日本人みたいにちょっと具合悪いくらいだったら病院になんか行かないですから。

 

 

というのが、今までの状況でしたが、近々、フィリピンも国民皆保険になりますね。先日、法案が可決されたので、早ければ年内にも成立する見込み。

同級会に行ってきました

先日、中学の時の同級会があり、出席してきました。中学も高校も、上から下まで各年代すべてを含めた大規模な同窓会が、昼間大きなホテルで行われます(大体、富士屋ホテルですね)。

 

 

高校は、昔の旧制中学なので、伝統を重んじ、団結が強い気風です。卒業生では総理大臣を務めた方がいたりします(石橋湛山)。

 

 

 

 

グラブ・ウーバーに罰金

ブログで何回か取り上げているグラブとウーバーですが、運転手と利用者に不利益をもたらしたとして、シンガポールで競争消費者委員会(日本の公正取引委員会に相当)が、両社に罰金を科すと発表しましたね。

 

 

フィリピンでも、グラブがウーバーを買収後(7月23日 代表者ブログ参照)、グラブが市場を実質的に独占する状況が続いており、料金の値上がりや運転手不足で利用者の間では不満が高まっているよう。

(動画あり)学園祭に向けての練習(フィリピン人奥さん)

ウチの奥さん(フィリピン人 28才)が通っている大学の学園祭が近づいてきました。その学園祭でのパフォーマンスに向けて、ダンス部の練習で、毎日忙しくしています。

 

 

このダンス部には、ブレイクダンスとかいろいろな他のジャンルのグループがあるのですが、ウチの奥さんはヒップホップのグループに属しています。

 

 

上の映像は、中間発表の前の練習の時の、そのヒップホップグループのもの。衣装も学園祭で着る本番と同じもの。(もちろん、ウチの奥さんも映ってます)

フィリピン 台風お見舞い御礼

今回フィリピン北部を直撃した台風オンポン(22号・国際名マンクット)に関し、多くの方から、ウチの奥さんの実家の被害をご心配いただきましてありがとうございました。
m(_ _)m

 

 

実家への通信がつながらず、確認に時間がかかったため、皆様へのご報告が遅れ申し訳ございませんでしたが、幸い実家のあるレイテ島は大雨と強風はあったようですが、今回大きなダメージがあったルソン島ほどではなく、お陰さまで実家に大きな被害はなかったとの事です。

 

 

皆様のお心配りに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。m(_ _)m

(動画あり)お見合い デート&家族との懇親 結婚式

この方は、最初から1人の女性(今の奥さん)に決め、お見合いは一人としかしませんでした。つまり1人の女性(今の奥さん)とだけお見合いし、そのまま順調にゴールインしました。

 

 

映像やスライドショーをご覧いただければお分かりいただけますが、特筆すべきは、奥さんや、奥さんの家族の明るさ。

 

 

結婚式は、笑いに満ちあふれた、とても楽しい結婚式になり、スピーチの場面では、お母さんはニコニコ、お父さんの大爆笑が続きます。

(動画あり)お見合い数回 デート&家族との懇親 結婚式

今回は、結婚式の映像を一番先に入れてあります。

 

 

この方も、お見合い渡航を何回かなされた。開始3分あたりから、スライドショーを入れてありますが、スライドショーの一番目の写真が何回目かのお見合い終えて2人に絞った時のもの。

ヒップ会(女子会)

昨晩、ウチの奥さん(フィリピン人 28才)は、大学で所属しているダンス部のヒップ会(ダンス部ヒップホップグループの会)に行ってきました。

 

 

この大学のダンス部の中で、ヒップホップグループのメンバーは10人だけど、全員女子なので、女子会ですね。(ブレイクダンスとか他のジャンルのグループには男子もいる)

(動画あり)お見合い数回 デート&家族との懇親 結婚式

この方は、お見合い渡航を何回もなされた。お見合い渡航のたびに1人の女性を選び、決めて、そのたびに、親にも挨拶し、指輪やスマホなども買ってあげた。

 

 

が、次のプロセスに進もうとする過程で、どうもしっくりとこないということで、白紙に戻し、また違う女性たちとのお見合いに臨む(いい加減なのでも、ドンファンなのでもなく、逆にとても真摯な性格の方です)

(動画あり)お見合い デート 親への挨拶 結婚式

私共がご紹介させていただいた、フィリピン人女性と日本人男性の方の国際結婚カップル様たちの実績ビデオのひとつ。

 

お見合いから、デートを経て、結婚式に至るまでの写真とビデオを入れてあります。1枚目がお見合いで一人の女性(今の奥さん)を選んだ後のデート時の写真。結婚前に女性の家族をS島から5人マニラに呼び寄せた写真も入れてあります(オーシャンパークに連れて行ってあげた時のもの)。

(動画あり)お見合い デート 結婚式

私共がご紹介させていただいた、フィリピン人女性と日本人男性の方の国際結婚カップル様たちの実績ビデオのひとつ。

 

 

この方は何回かお見合いをされた。1枚目、2枚目の写真は、それぞれお見合い写真。

 

 

開始後1分くらいまで、お見合い、デートのスライドショー。それから結婚式のビデオとスライドショーを入れてあります。

 

(動画あり)お見合い デート 親への挨拶 結婚式

私共がご紹介させていただいた、フィリピン人女性と日本人男性の方の国際結婚カップル様たちの実績ビデオのひとつ。

 

お見合い、デート、両親への挨拶、結婚式に備えて奥さんのウエディングドレスや靴などを購入した時の映像も入ってます。スライドショーも、冒頭に30秒ほど入れてあります。

(動画あり)お見合い デート 結婚式

私共がご紹介させていただいた、フィリピン人女性と日本人男性の方の国際結婚カップル様たちの実績ビデオのひとつです。

 

 

お見合いから、デートを経て、結婚式に至るまでの写真とビデオを、そして一番最後に、結婚後に、まだマニラにいた奥さんを旦那さんが訪ねた時、水族館に行った写真もオマケで入れてあります。

(動画あり)同行してフィリピンへ

お客さまからの要望があれば、フィリピンに同行することもあります。

 

上の映像の冒頭部分は、ケソン市にある大きなモール(SM North Edsa)にご案内した時、撮影したもの。

 

 

このモールはウチがいつも使っている結婚式会場が近いので、お客さまのご希望で式場を下見に来た時、よく立ち寄ります。女性の家族や親戚と会う場合、ここを使うことも多いです。

フィリピン人奥さんの運転免許その1

フィリピン女性と結婚して奥さんが日本に来たら、車の免許を取ってもらわないと不便なので(地方では特に)、将来の奥さんに免許を取らせることをお考えの方も多いだろう。

 

 

免許に関しては、下記の3つのトピックスで、説明する。

1)自動車教習所
2)運転免許試験場での学科試験
3)通称名を免許に記載してもらう

(動画あり)同行してフィリピンへ – 2

先日アップロードしたバクラランの映像を取った時とは、また違うときに、別のお客さんに同行してフィリピンに行った時の映像。

 

お客さんとマニラに行ったら、必ず、お連れする鉄板コースのひとつ。SM By The Bay (Seaside Boulevard)だ。マニラ湾に臨んだ素晴らしい場所で、必ず気に入っていただける。

(動画あり)フィリピンでバイクに乗る

今でも、海外に行った時、土地勘のあるところに行くと、バイクの運転をすることがあります。

 

フィリピンでは、メトロマニラであれば土地勘があるので、現地のフィリピン人の親しい友人からバイクとヘルメットを借り、走ったりします。(視界の良い、昼間だけですが)

(速報 現地テレビニュース)マニラ在住の斎藤という日本人が偽装結婚の斡旋でNBIに逮捕されたね

フィリピン現地のテレビニュース。

 

偽装結婚の斡旋で、斎藤二郎という日本人が、フィリピンのNBI(フィリピン版FBI)に、逮捕されたという現地のニュース(この斎藤という男、他にも、鈴木とかケンとかいう偽名も使い分けていたそう)。

 

 

日本人との結婚をねつ造し、就労希望のフィリピン女性を日本に行かせ、日本のフィリピンパブで働かせていたらしい。とんでもない話である。

 

 

確か、東京にある某結婚紹介所のHPには、現地担当者として斎藤という名前が記述されていたと思うが、同一人物か?しかも、そこのアドバイザーの名前は鈴木と書かれていたが偶然か?
その業者は、自慢気に、現地にタガログ語をマスターした日本人担当者が常駐とも書いていたが、この映像を見ると、この斎藤もすごくタガログ語が堪能なようだ。そこの女性は就労目的(ビザ目当て)ばかりという噂があったしね。

明日から、2人のお客さんがマニラに行かれる

明日から、2人のお客さんがマニラに行かれる。おひとかたは、セントレアからフィリピン航空で、もう一人の方は関空からジェットスターで行かれる。(言うまでもなく、全くの別スケジュール、別行動で、このお二人が現地で交差することはない)

 

 

セントレアから行かれる方は、初めてのお見合いに臨む。この方はバランスのとれた優れた人格者である上に、英語がパーフェクトなので(日本人のレベルではない。すごい)、女性たちの間で奪い合いになるのでは?と予想している。

フィリピンの最近のタクシー事情

フィリピンに行くたびに 皆さん感じてたであろうタクシーへの不満は、ここ数年の間に、グラブタクシー(ウーバーは今年の4月にグラブに事業譲渡)などによって一掃されている。(もちろん、普通のタクシーは相変わらず駄目だが、スマホを使ってグラブを呼ぶ場合を当然の

フィリピン人の実習生

もう、4~5年前になるが、知り合いの、3社の建設会社の社長、1社の業務用クリーニング会社の社長、1社の介護施設の社長(本業は不動産開発)、1社の産業廃棄物の会社の社長たちと、組合の設立に取り組んだことがある。

 

 

フィリピン人とハンバーガー

フィリピン人は食べることが好きである。

 

 

フィリピンの人々は、「食べる=生きる喜び」というほど、食べることに執着すると言われている。(日本人でもそういう方は多いと思うが)

 

自分は、以前、東京に15年ほど住んでいたこともあり、知人も友人も多く住んでいるので、しばしば東京に出かける機会がある。(新宿まで1時間20数分で行けてしまうし)

 

フィリピンでの不動産投資

ウチのお客さんとなって国際結婚した方たちから、フィリピンでの不動産購入(投資)、フィリピンでの永住、フィリピンでのビジネスなどについて、しばしば相談を受ける。

 

フィリピン人と結婚したのだから、フィリピン人の奥さんとの、フィリピンでの永住や、フィリピンでのビジネスや、フィリピンでの投資について考えるのは、ごく自然なことだと思う。

フィリピンでの知人のビジネス

3年ほど前、ある知人がフィリピンで語学学校を買収した。
(日本人など英語を母国語としない国の人が留学して英語を勉強するための学校。対象は日本人だけとは限らない。韓国人、台湾人、ベトナム人、タイ人なども対象)

 

 

 

3年前だが、その時、驚いた。なぜ、今さら、そんなレッドオーシャン(競争の激しい既存市場)へ参入???

(動画あり)本番無事終了

ウチの奥さん(フィリピン人 28才)が通っている大学で所属しているヒップホップのグループの、「ダンスフォーラム」でのパフォーマンス。(上記の映像。もちろん、ウチの奥さんも映っています)

 

 

頑張って練習した甲斐があり、よくやったと思う。フィリピン人は、もともとみんなダンス好きなだけあって、飲み込みが早くセンスがいい。

(動画あり)明後日は奥さんのダンスフォーラム

ウチの奥さん(フィリピン人 28才)は通っている大学でダンス部に所属している。

 

 

同大学のダンス部に所属の学生の人数は多い。かなりの人数だ。それが、ブレイクダンスとか、ヒップホップとか、7つくらい(だったかな)のジャンル毎のグループに分かれて練習する。

フィリピン人の海外旅行

フィリピン人がノービザで行ける海外の国は66か国程度。ちなみに日本人は189か国程度(内、ビザ免除は154。あとはアライバルビザ)。

 

新婚旅行などで奥さんを、シンガポール、マレーシア、香港、マカオ、タイなどに連れて行ってあげる日本人男性も少なくない。

奥さんのパスポート更新

先日、ウチの奥さん(フィリピン人 28才)のパスポートの更新の為、東京六本木にあるフィリピン大使館に行ってきた。

 

奥さんのパスポートの更新で行くときには、事前にインターネットで、情報を入力し、スケジュールを予約して行くことが肝要。

FANGとMANT

今日は新聞休刊日だったので、朝の新聞を読む時間を、日経CNBCのプログラムを見るのに充てた。

 

新聞にFANG(Facebook, Amazon, Netflix, Google)や、MANT(Microsoft, Apple, Nvidia, Tesra)の載らない日はないが、

フィリピンのジャンクフード

ウチの奥さんは、たまにフィリピンのお菓子が無性に食べたくなるようで、今日は、フィリピン食品などを売っている店(サリサリストア)に行って、いろいろと買い込んできた。

 

 

「フィリピンでは何十ペソなのに日本円ではこんなに高い値段で売られている」と言う気持ちはわかるが、

名古屋でミーティング

名古屋に出張して、2つのミーティング。

 

 

ウチの奥さん(フィリピン人 28才)の運転の練習にもなるので、彼女の車で、彼女に運転してもらって(自分の車を自分で運転した方がヒヤヒヤしたりしなくて楽なのだが)、